2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 企業内研修は実践力へ | トップページ | 達人の言葉 »

2010年7月 7日 (水)

開口(開講)一番の言葉

講師業をやっていて、何年たっても「うまくならないな」と思うのは、開講後の第一声ともいえる挨拶の言葉です。

昔のベテラン講師は、それぞれ十八番ともいうべき名口上を持っていたようです。たとえば、私の師匠の栄口正孝先生は、「栄口(えぐち)ともうします。口が栄えると書いて栄口と申します。名が体を表したか、体が名を表したか、口ばかり栄えて、こうして講師業をやっております。」で始まる独特の名調子の出足でした。

もちろん、時代が違いますから、いまではこんな話芸は主流ではないかもしれません。落語家でも古典ばかりでは商売にならず新作を次々に発表している時代ですから、ご時世ですかね。あの頃はよかったなあ、と思います。みなさんはどう思われますか?

それで私はどうやっているかというと、その日その日、受講者の様子と運営担当の事務局の方の顔を交互に見比べて、即興で始めるようにしています。といってもたいがいは「みなさん、おはようございます。ご紹介いただきました角渕と申します。」といった面白くもおかしくもないものです。我ながら、「芸が磨かれないなあ・・・」とつくづく感じます。

そういえば、マーケティング分野の名講師の某先生は、照明を落として映画ロッキーのテーマでさっそうと登場するとか・・・。とてもマネはできないなと思います。

しかし最近、自分はそれでいいのかな、と思うこともあります。名調子で始まる講師の方々は、講義内容にも大魔神のフォークボールのような素晴らしい決め球(話ネタ)をお持ちです。受講者はその一瞬に期待を込めるのでしょう。

ごく平凡なマネジメントや経営管理手法の基礎講座の講師を務める私の話には、エキサイティングな感動などほとんどありません。ただ、受講者のみなさんの「難しい話をわかりやすく教えてくれた」とか「是非職場で活用したい」というアンケートの声だけを励みに教壇に立たせていただいています。

そんな私の講座ですので、「みなさん、おはようございます。」がはまりゼリフなのかもしれません。ロッキーのテーマで登場して、「取締役の経営判断の原則」の話や「総資本事業利益率の分析」じゃズッコケますしね。

メーカーの製品を選ぶ際に、われわれは無意識のうちに「このメーカーにはこれを」という暗黙のうちの期待を込めていると思います。イタリアのメーカーには華やかさを、スイスのメーカーには精密さを、ドイツのメーカーには堅牢さを、そして日本のメーカーには平凡だけど長く安心して付き合える気安さを求めるのでしょう。

それなら私のお客様は、私の講座に私なりの持ち味を求めておられるのかもしれません。それがどのようなものなのかはお客様にお聞きしなければわからないことですし、お客様によっても異なるのかもしれません。しかし、もし仮に私自身がこれまで積み上げてきたものが、ある一定の評価をいただけているとすれば、それを裏切らないことが「講義メーカー」としての私の責任なのかもしれないと思います。

「期待を裏切らない」ということは、CSR(企業の社会的責任)やコンプライアンス経営の観点からも重要なのです。

ということで、明日も「みなさん、おはようございます。」から平凡に始めさせていただきます。末永くよろしくお願い申し上げます。

Sumizuku_2すみぶち塾

« 企業内研修は実践力へ | トップページ | 達人の言葉 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開口(開講)一番の言葉:

« 企業内研修は実践力へ | トップページ | 達人の言葉 »